ジェットスター・ジャパンの沿革と特徴

最大100便の航空会社に急成長

ジェットスター・ジャパンは、日本航空と三菱商事及びオーストラリアのナショナルフラッグのカンタス航空の3社が同比率で資本出資で2011年9月5日にされ、2012年7月3日の就航当時は3機のジェット旅客機で成田国際空港発着の札幌新千歳線と沖縄那覇線の2路線3都市を結ぶ航空会社でしたが、保有機体の拡充やカンタス航空とのコードシェアによる路線数の増加により2016年6月期の決算で初めて黒字を達成し、現在では日本国内の格安チケットのシェア50%を超える格安航空会社に成長しています。
ジェットスター・ジャパンは、国内線16線に加え、成田国際空港や関西国際空港及び中部国際空港からオーストラリアや中国、ベトナム、シンガポールなどの国際線15路線を運行し、保有している21機を効率良く稼働させ1日あたり最大100便を運行しています。

最大100便の航空会社に急成長 | 安いけどマイルも貯まる | 日本版顧客満足度指数第1位