ジェットスター・ジャパンの沿革と特徴

日本版顧客満足度指数第1位

ジェットスター・ジャパンオンラインストア

ジェットスター・ジャパンは、最低価格保証を行っているのでパイロットの技術やキャビンアテンダントのサービス、機体の整備などを懸念する利用者もいますが、Safety Rating Criteriaと呼ばれる独自の安全基準で航空会社を評価するAirlineRatings.comのランキングで首位を維持しているカンタス航空の整備マニュアルを導入しているのでジェット旅客機自体の安全性は非常に高いレベルで維持されているとされ、特に社内に航空安全委員会が設置された2012年以降は機体整備の安全性の維持だけで無く、整備士などのグランドスタッフの労働環境の適正化が図られ、2013年と2014年には日本版顧客満足度指数の国内長距離交通業種の知覚価値で1位を受賞しています。
定時運航率は、2016年世界第2位の日本航空の90.91%や第6位の全日空の86.73%に比べて2017年6月期は89%、7月期は85%、8月期は88%と遜色がありませんが、保有機体が少なく代替機体の準備に時間のかかる事もあり定時出発率が70%代に落ち込む事もあります。
ジェットスター・ジャパンの保有機体は、計器類を液晶ディスプレイに集約したグラスコックピットのハイテクジェット旅客機と呼ばれた中距離向けのエアバスA320型機を21機保有し、翼端渦と呼ばれる後方乱気流を制御して燃費を向上させるシャークレットを装備したエアバスA320型機やエアバスA321型機の導入が検討されており、2019年度には保有機体を28機まで増やす計画が進められていますが、ジェットスターグループではエアバスA320型機以外にもエアバスA321型機やボーイング787ドリームライナーと呼ばれるボーイング787-8型機、ボンバルディアQ300型機が運用されています。

最大100便の航空会社に急成長 | 安いけどマイルも貯まる | 日本版顧客満足度指数第1位